ミルククレンジングは、正しい使い方をすればみずみずしいお肌を保ち続けることができます。ミルククレンジングを使ってみたところ、オイルクレンジングほど汚れが落ちなかったという人もいます。しかし、普通のメイクをしているならは、ミルククレンジングで十分です。クレンジング容器に、どんな使い方をすればいいかが明記されていますので、その通りに使うことが大事です。適当に、自己判断でミルククレンジングを利用している方もいます。品物によって、てのひらで水とクレンジング剤を混ぜてから使うタイプや、混ぜずにそのまま皮膚につけるタイプなどがあります。顔に付けた後、やさしくクルクルとマッサージしていきます。最初はすべりが悪かったものが1分ぐらい過ぎると、ツルツルした状態になります。クレンジング剤とメイク汚れは、きちんと混ざると乳化します。乳化したものは水で洗い流せる状態なので、よくすすぎましょう。必要ならば2度洗いをすることで、顔に残ったメイク汚れが落ちてすっきりします。お肌に優しいミルククレンジングとはいっても、1日に何回も使うと肌を傷めてしまいかねません。何度も洗わずに済ませるためには、最初から少し多めのクレンジング剤を使って、顔全体をマッサージすることです。クレンジング後の肌に油分が残留しているような気がするという人がいますが、ミルククレンジングは保湿効果があるため、しっとり感が残ります。クレンジングで肌にダメージを与えないよう、説明書きに従ってミルククレンジングをきちんと使うようにしましょう。傷まない白髪染め