最近は耳鼻科で花粉症の手術を行っているところが増えていますがご存知でしょうか?花粉症の手術というのは鼻の中のレーザー手術のことです。花粉症の症状になやんでいる人が、アレルギー反応の起きる鼻の粘膜をレーザーで焼くことによって花粉が入ってきたとしても粘膜がアレルギー反応を起こさないようになりますから、花粉症の症状が和らぎますし人によっては感知するという人もいます。花粉症というのはアレルギー体質の人が起きやすいといわれている免疫が原因の病気ですから、鼻のアレルギー部分だけを抑えても完全に花粉症の症状がなくなるというわけではないということは覚えておきましょう。

花粉症の手術の多くは、日帰りで手軽にできるというメリットがあります。外来で受けられますし、血が出ることも痛みなども少ないので負担も軽いですね。麻酔をして行いますが、局部麻酔です。花粉症の手術で痛いのは麻酔を入れるときのガーゼの痛みぐらいだそうで、あとは痛まないといわれていますから安心してください。大人だけでなく子供の花粉症にも手術をすることができます。花粉症のレーザー手術をしてからの効果は7割から8割といわれていますが、効果は1-2年で、また効果が薄れると受け直す必要があります。審査が甘い消費者金融